コラム一覧 :沖縄での葬儀・海洋散骨

1件~5件(5件)

家族の心のよりどころを残す「海洋散骨」と「永代供養」の組み合わせ

 死別がもたらす遺族の悲しみと喪失感について 亡くなった人の遺影写真を見ると、毎回違った表情に見えると感じたことはありませんか?写真そのものが変わるはずもなく、笑ったり泣いたりして見えるのは、今の自分の気持ちがそうさせているのだろうとわかっていても、遺族にとっては故人が... 続きを読む

沖縄での葬儀・海洋散骨

2015-11-19

「海洋散骨」のメリットとデメリットは?

 沖縄の美しい海への海洋散骨の意味と今後について 前回までのコラムで、海洋散骨をはじめとする自然葬の歴史と背景、これらをとりまく現状についてお伝えしてきました。少子化や核家族化により、お墓の無縁化の懸念から永代供養墓が注目されるとともに、長く続いてきたお墓への納骨という... 続きを読む

沖縄での葬儀・海洋散骨

2015-11-17

「海洋散骨」の流れ

 「(公財)沖縄県メモリアル整備協会」のコンセプトについて 私ども「(公財)沖縄県メモリアル整備協会」は、「故人の願いと、遺族の想いを叶える海洋散骨の実現」と「地域との調和」の二つのコンセプトを掲げ、沖縄県内に7カ所の霊園を運営しています。このうち6か所に永代供養墓を設... 続きを読む

沖縄での葬儀・海洋散骨

2015-11-15

沖縄での「海洋散骨」が人気の理由

 沖縄の一般的なイメージと沖縄が愛され支持される理由について 沖縄と聞いたとき、みなさんはどんなイメージを思い浮かべますか?青く美しい海、輝く太陽、豊かな自然に抱かれてゆったりと生活している心優しい街、といった印象を持っている方は多いと思います。中でも多くの方が真っ先に... 続きを読む

沖縄での葬儀・海洋散骨

2015-11-13

「海洋散骨」とは?

 日本人の心の根底にある自然崇拝と自然葬との関係について 今や海外ドラマを代表するともいえる韓国ドラマを見ていると、喪服を着て悲しみに暮れる主人公が川べりや船から白い粉を撒くシーンがよく登場します。これらの場面で見られる光景は、亡くなった人を火葬し、その遺骨を粉砕した遺... 続きを読む

沖縄での葬儀・海洋散骨

2015-11-11

1件~5件(5件)

RSS
 
このプロの紹介記事
公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さん

終活を通じて葬儀や埋葬、事務処理の不安を解消するプロ(1/3)

「亡くなったあと、事務手続きはどうするか、お墓はどうするのかなど『終活』がとても重要な時代になっています。その切実な問題を抱える方々をサポートします」と話すのは、公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さんです。ご出身もお住まいは大阪...

八城正明プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

終活やお墓など、人生の最期に関することは何でもご相談ください

会社名 : 公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会
住所 : 沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL : 0120-202-869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-202-869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八城正明(やしろまさあき)

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
心に残る沖縄の「家族葬」のポイント

 葬儀は故人の安らかな旅立ちを祈り、遺された人を癒す儀式です かつての日本では、お葬式は村全体で行う儀式...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

自分らしい終活〜「家族葬」だからできること

 人の生と死、弔いの本来あるべき姿とは? みなさんは黒澤明監督によるオムニバス形式の映画「夢」をご覧にな...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

終活を楽しむ「生前整理」の進め方

 終活における生前整理に対する本人や家族の思いについて 生前整理と聞くと、死後の準備、死に支度といったマ...

[ 終活の基礎知識 ]

第二の人生を楽しむ60代の「終活」

 終活についての意識調査の結果と自発的な終活の重要性について 終活は、本人にとっては、老後を有意義に豊か...

[ 終活とは ]

50代独身女性の生き方を変える「終活」のススメ

 近年の終活ブームについての話題と終活についての悩み ここ数年の終活ブームによる注目度の高まりから、終活...

[ 終活とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ