コラム

 公開日: 2015-11-21 

終活の第一歩は「エンディングノート」から

エンディングノートの認知度の高まりと普及の背景について

ここ最近、芸能人や著名人がガンなどの病気を告白する場面を見聞きする機会が増えました。

メディアで騒がれる前に、自らのブログで直接語って心おきなく闘病生活に入りたいと考えたり、医学の進歩による病気の早期発見、終末期医療に対する考え方が多様化して本人への告知が増えたことも、大いに関係していると思います。

社会の意識や価値観がめまぐるしく変化するなか、自らの生き様を模索した結果、「いかに逝くか」という死生観に行き着くのではないでしょうか。

多方面で終活セミナーが開かれるなど、終活という言葉が違和感なく受け入れられるようになり、自らの死後の始末について意思や希望を伝えたいと考える人が増えた背景には、「エンディングノート」の認知度が上がり、広く普及したことも大きいと思います。

エンディングノートの役割とメリットについて

以前のコラムでもご紹介したように、終活を思い立った時、まず一番に始めるべきはエンディングノート作りです。

まずは書きやすいところから、節目ごとに書き直したり見直したりすることを前提にはじめてみましょう。
遺言書と違って書き方に決まりやルールはありませんが、本来の目的である“遺された家族に自分の意思を伝える”ためには、わかりやすく整理して書くことが大切です。

延命治療や介護、認知症を発症した時にどうして欲しいか、そのためのお金の用意についてなどが記してあれば、急に訪れるかも知れない不測の事態にも家族が慌てることなく対処できます。

また、死後の備えとして葬儀や埋葬についての希望だけでなく、預貯金口座の所在と暗証番号のリストや、負債があれば必ずその旨も記載しましょう。そうすることで、負の遺産を知らぬまま相続をした遺族が、相続財産以上の負債を抱えるといったトラブルも避けられます。
エンディングノートのもうひとつのメリットは、書くことによって自分のこれまでの人生を見つめ直し、今の現状と今後の生活設計について客観的に判断できることです。老後資金は十分か、不足しそうであれば今からどのように備えるべきなのかが明確になり、ライフプランが立てやすくなります。

エンディングノート作りは来し方行く末を考えるきっかけになる

年齢を重ねた人が行く末を考える作業は、時に自らの衰えを確認することでもあり、気が重くなったりイメージしづらいこともあると思います。

しかし、それ以上に自分のこれまでの生き方を見つめ直したり、家族との時間やぬくもりが愛おしく感じられるきっかけにもなる大切な時間となるはずです。

この記事を書いたプロ

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会 [ホームページ]

葬儀 八城正明

沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL:0120-202-869

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さん

終活を通じて葬儀や埋葬、事務処理の不安を解消するプロ(1/3)

「亡くなったあと、事務手続きはどうするか、お墓はどうするのかなど『終活』がとても重要な時代になっています。その切実な問題を抱える方々をサポートします」と話すのは、公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さんです。ご出身もお住まいは大阪...

八城正明プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

終活やお墓など、人生の最期に関することは何でもご相談ください

会社名 : 公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会
住所 : 沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL : 0120-202-869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-202-869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八城正明(やしろまさあき)

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
心に残る沖縄の「家族葬」のポイント

 葬儀は故人の安らかな旅立ちを祈り、遺された人を癒す儀式です かつての日本では、お葬式は村全体で行う儀式...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

自分らしい終活〜「家族葬」だからできること

 人の生と死、弔いの本来あるべき姿とは? みなさんは黒澤明監督によるオムニバス形式の映画「夢」をご覧にな...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

終活を楽しむ「生前整理」の進め方

 終活における生前整理に対する本人や家族の思いについて 生前整理と聞くと、死後の準備、死に支度といったマ...

[ 終活の基礎知識 ]

第二の人生を楽しむ60代の「終活」

 終活についての意識調査の結果と自発的な終活の重要性について 終活は、本人にとっては、老後を有意義に豊か...

[ 終活とは ]

50代独身女性の生き方を変える「終活」のススメ

 近年の終活ブームについての話題と終活についての悩み ここ数年の終活ブームによる注目度の高まりから、終活...

[ 終活とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ