コラム

 公開日: 2015-10-20 

なにから始める?「終活」の準備

エンディングノートブームの火付け役となった映画について

2011年秋公開のドキュメンタリー映画『エンディングノート』は、その年の映画界の話題をさらいました。

高度成長期を第一線で支え、退職後の第二の人生を歩み始めたばかりの男性に突如告げられたガン宣告。病と向き合い、前向きに生きようとする男性とその家族の半年間を軽快なタッチで描いたこの作品は、実はこれが初監督作品となった砂田麻美監督の父親の記録映像でもありました。

「段取り命!」で生きてきた彼が、最初に取り組んだのがエンディングノート作り。自分の希望や遺される家族への想い、伝えるべき事柄を記したマニュアル作りを通して、一人の人間の生と死を絶妙な距離感で描いたこの作品は、ある種の衝撃を持って人々の記憶に残りました。

よりよい「終活」の一番の近道はエンディングノート作りから

「終活」を始めようと思っても、何から手を付けたらいいかわからない方も多いと思います。

人生を振り返り、余生を見据えるための手引きとして、遺される人への想いや死後の希望を伝え、不意に訪れるかも知れない緊急時に備えるためにも、「エンディングノート」をつけることから始めましょう。

映画のタイトルにもなったエンディングノートは、書店などの注目コーナーに置かれ、公的機関やインターネットでは無料で配布されるなど、今や終活ブームの主役となっています。

エンディングノートは、あらかじめ用意されている必要項目の余白に記入できるようになっており、自由度もきくため、気軽に始めることができます。

名前や生年月日など変わることがない基本項目以外は、書き直すことを前提に鉛筆で記入し、途中で挫折することがないよう、書きやすい項目や必要と感じたところから書くとよいでしょう。

エンディングノートは、気負わずに書けるところから始めよう

百人いれば百通りの人生があるように、終活の中で決めていくべきことは人それぞれ違います。

終活の背景には、多種多様の事情や問題があり、自分は今何をすべきなのか、不要なものは何であるかは、本人にしかわからないことも多いため、意思を文字にし、形に遺すことは非常に有効な方法です。

思いつくままに書くことで、解決すべき問題点が見えてきたり、長い間の心配事がすんなり受け入れられたりすることも、ぼんやりとしていた事柄が少しずつ形となって、具体的に実感として得られるようになることもあります。

人生のラストスパートを前向きに、有意義に過ごすための防備録とも処方箋ともなるエンディングノート作り…あなたもトライしてみませんか?

この記事を書いたプロ

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会 [ホームページ]

葬儀 八城正明

沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL:0120-202-869

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さん

終活を通じて葬儀や埋葬、事務処理の不安を解消するプロ(1/3)

「亡くなったあと、事務手続きはどうするか、お墓はどうするのかなど『終活』がとても重要な時代になっています。その切実な問題を抱える方々をサポートします」と話すのは、公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さんです。ご出身もお住まいは大阪...

八城正明プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

終活やお墓など、人生の最期に関することは何でもご相談ください

会社名 : 公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会
住所 : 沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL : 0120-202-869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-202-869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八城正明(やしろまさあき)

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
心に残る沖縄の「家族葬」のポイント

 葬儀は故人の安らかな旅立ちを祈り、遺された人を癒す儀式です かつての日本では、お葬式は村全体で行う儀式...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

自分らしい終活〜「家族葬」だからできること

 人の生と死、弔いの本来あるべき姿とは? みなさんは黒澤明監督によるオムニバス形式の映画「夢」をご覧にな...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

終活を楽しむ「生前整理」の進め方

 終活における生前整理に対する本人や家族の思いについて 生前整理と聞くと、死後の準備、死に支度といったマ...

[ 終活の基礎知識 ]

第二の人生を楽しむ60代の「終活」

 終活についての意識調査の結果と自発的な終活の重要性について 終活は、本人にとっては、老後を有意義に豊か...

[ 終活とは ]

50代独身女性の生き方を変える「終活」のススメ

 近年の終活ブームについての話題と終活についての悩み ここ数年の終活ブームによる注目度の高まりから、終活...

[ 終活とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ