コラム

 公開日: 2015-10-18 

終活を始める「時期」について

日本人の死に対する意識と認識について

先進諸国の先頭集団を走り続ける現代日本において、家族のあり方は戦前のそれと比べて大きく変わりました。

核家族化が進み、少子化に加え高齢者は自ら進んで施設に入り、かつての日本では当たり前の光景だった、自宅で家族を看取るということもなくなりました。おじいちゃんやおばあちゃんがいれば、いつかはお別れの日が来ることや、年を取って死を迎えることは避けられない厳然とした現実であることも、家族に見送られて旅立つことも、いつの時代でもどこの家でも行われてきたことでした。

日本人の約8割は病院で亡くなっているといわれます。家族が死を迎える瞬間を見ることはなくなり、死は身近でなくなるのと同時に、我が身のこととして考えなくなってきています。死について語ることは避けられるようになり、日本人にとっての死は意識の対象ではなくなりつつあります。

男性・女性それぞれが「終活」を始めた時期ときっかけについて

「終活」が中高年者に認知され、支持されるようになったきっかけや背景は人によって違いますが、自らが命に関わるような大病を患ったり、配偶者や近親者、友人の死に直面して、死について否応なく考える時間を持ったからという話が多く聞かれます。

死を意識するような大きな出来事に直面しなくても、日常の変化をきっかけに「終活」に目覚めた方もいます。

65歳の定年退職を迎えたとき、日々刻まれてきた生活リズムからの開放感だけでなく、喪失感や焦燥感などから、多くの男性は「終活」を切実に考えるといいます。

女性にとっての人生の大きな変化といえば、夫の定年退職や子どもの結婚による別居など、家族や生活空間の変化によるものが多く、いずれもこれまでの生活や環境の変化からの意識変化が関係しています。
その他、男女ともに離婚、再婚など人生の大きなターニングポイントを経験することによって、改めて自分の年齢や立ち位置に気づかされたということも多いようです。

「終活」の準備は少しでも早く、まずはできることから

現在「終活」を意識しているのは男女とも60代が中心ですが、「いつから始めれば良い」というものではなく、早いに越したことはありません。

「定年退職をしてから一気に」などと意気込む必要もありません。

加入している保険契約を見直したり、介護費用の試算や資産管理などは何歳からでも始められますし、老後資金の準備開始ともなれば、主な収入減が年金頼みとなる60代ではむしろ遅すぎます。

死について考えることは、決して後ろ向きなことではありません。よく生き、よく逝くためにも、まずは今できることから手を付けて準備いたしましょう。

この記事を書いたプロ

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会 [ホームページ]

葬儀 八城正明

沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL:0120-202-869

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さん

終活を通じて葬儀や埋葬、事務処理の不安を解消するプロ(1/3)

「亡くなったあと、事務手続きはどうするか、お墓はどうするのかなど『終活』がとても重要な時代になっています。その切実な問題を抱える方々をサポートします」と話すのは、公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会の八城正明さんです。ご出身もお住まいは大阪...

八城正明プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

終活やお墓など、人生の最期に関することは何でもご相談ください

会社名 : 公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会
住所 : 沖縄県南風原町字兼城123 POPビル3F [地図]
TEL : 0120-202-869

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-202-869

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八城正明(やしろまさあき)

公益財団法人沖縄県メモリアル整備協会

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
心に残る沖縄の「家族葬」のポイント

 葬儀は故人の安らかな旅立ちを祈り、遺された人を癒す儀式です かつての日本では、お葬式は村全体で行う儀式...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

自分らしい終活〜「家族葬」だからできること

 人の生と死、弔いの本来あるべき姿とは? みなさんは黒澤明監督によるオムニバス形式の映画「夢」をご覧にな...

[ 沖縄での葬儀・永代供養墓 ]

終活を楽しむ「生前整理」の進め方

 終活における生前整理に対する本人や家族の思いについて 生前整理と聞くと、死後の準備、死に支度といったマ...

[ 終活の基礎知識 ]

第二の人生を楽しむ60代の「終活」

 終活についての意識調査の結果と自発的な終活の重要性について 終活は、本人にとっては、老後を有意義に豊か...

[ 終活とは ]

50代独身女性の生き方を変える「終活」のススメ

 近年の終活ブームについての話題と終活についての悩み ここ数年の終活ブームによる注目度の高まりから、終活...

[ 終活とは ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ