コラム

 公開日: 2018-06-27 

注文住宅を建てるときの流れ!外観・間取りの設計プランを立てよう!

自分の家の外観や間取りを考えるのは楽しいものです。楽しく希望もふくらみます。しかし、より具体的に考える必要もあります。その際のポイントを見てみましょう。

どのような間取りにするか?

どのような家にしようかと考える際、まず考えが向くのはどこでしょう? 

多くの方が、日当たりも良く、家族でゆっくり過ごせるリビングがほしい、ということからお考えになるかもしれません。

すると「ダイニングはどうしよう?」「キッチンはどうしよう?」「子供たちの部屋は?」というようにリビングを中心に家の間取りがだんだんと見えてくることになります。

参考になる書籍などを見ながら、自分たちの家の間取りを考えるのは楽しいですね。ただ、大切なことは独りで決めて進めるのではなく、家族で十分話し合うことです。家は家族と一緒に暮らす場所ですから、ご家族でいろいろなプランを話し合って下さい。

たとえばキッチンについて考えるのであれば「キッチンに一番長く居る人の考えを優先する」ということも大切です。

キッチンに一番長く居るのが奥様であれば、奥様の意見を優先するということです。その場所に一番長く居る人の希望や意見を取り入れた間取りは、家が建った後の暮らしやすさに直結します。
また、「動線」も大切です。たとえば、玄関からリビング、リビングからキッチン、そして、バス・トイレへと一番無理なく動ける動線を考え、それぞれの配置を練り上げるわけです。

ところで、家作りのプロ、つまり、設計会社、施工会社はどのような順序で家の設計にあたるとおもわれますか?

実は、家作りのプロは、家の間取りからは考えません。まず、敷地を考えます。敷地の中に駐車場、家、門、庭などをどう配置するかを考え、それから家の間取りを考えます。と言うのも、この辺を考えておかないと、たとえば道路に面した部分でプライバシーを確保できない、ということにもなるからです。

施工会社との打ち合わせの重要性

家の設計は建築前に設計会社・施工会社と十分に打ち合わせをする必要があります。建築が始まるまで10回程度の打ち合わせが必要になるでしょう。

設計会社・施工会社との打ち合わせで大切なことは、まず、依頼主であるあなたがどのような家にしたいか、そのイメージをできるだけ明確にしておくこと、そして、予算についても明確にしておくことです。

もちろん、イメージは打ち合わせを重ねるうちに修正されることもあり、また、予算も多少の変動が出る場合もありますが、まず、この2点を明確にしておくことが大切です。

打ち合わせで、特に重要なことは依頼する側と請負う側がイメージを共有することです。イメージがずれていると後で「こんなはずでは・・」ということにもなりかねません。両者がイメージを共有できていれば、住まいづくりに反映されます。

ただ、イメージは言葉だけでは伝えにくいものです。ご自分やご家族のイメージに近い家の写真を、書籍やインターネットで見つけ、それを提示するとより伝わりやすくなります。

また、打ち合わせ時には、分からないことがあれば遠慮なく訊ね、納得いくまで説明してもらうようにしましょう。臆せず相談することが大切です。

たとえば「本当はこうしたいけれども予算的に無理だろう」と考えて何も言わない、というのは損です。家作りのプロは引き出しを豊富に持っています。これは無理だろうとおもうことにも対応策・代替案を提供してもらえるかもしれません。大切なのは遠慮せず相談することです。

家の外観を考える

家は内側ばかりではなく外観も大事ですね。その際のポイントとして、周辺環境や街並みとの調和を考えてみましょう。外観も建築基準、条例等に合わせていれば自由にしてもいいわけですが、自分の家も街並みの一部と考えて、まわりの風景になじむ外観にするのがおすすめです。

また、外観を考える際、自分のイメージはもちろん大切ですが、こんな外観の家ならお客様も来やすいだろう、という視点で考えてみるのもいいアイディアを生みます。とくに門から玄関までのアプローチを考える際に有効です。

家の設備・性能を考える

我が家の暮らしを快適にする設備、家そのものの性能についても検討しましょう。

家の設備とはシステムキッチンや給湯設備などを指し、家の性能とは耐震性や断熱性、気密性などを指します。この点も、設計の打ち合わせで設計会社・施工会社に相談することをおすすめします。ご自分たちで設備を考える場合、機器単体の性能やデザインに意識が向きがちですが、やはり、家の間取りと一緒に考えていくべきものだからです。

また、耐震性や断熱性、気密性に関しても設計会社・施工会社は多くの施工事例を知っています。適切なアドバイスを受けるチャンスでもありますので、十分に打ち合わせをしてより良いプランを作っていきましょう。

この記事を書いたプロ

株式会社 沖拓建設 [ホームページ]

宅地建物取引士 足立信一

沖縄県浦添市前田1-9-3 [地図]
TEL:0120-303-069

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
足立信一さん

住宅取得をゼロからサポートする、マイホームづくりの総合窓口です(1/3)

住まい作りのお手伝いをワンストップサービスで提供する(株)沖拓建設。戸建注文住宅を軸に土地やマンション販売も手掛け、独自の販売手法と徹底した顧客主義でお客様の信頼を獲得、沖建グループ創業30年で2700戸を超える住宅を供給してきました。その...

足立信一プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

徹底した顧客主義から来る住宅取得の為の細やかなサポートに強み

会社名 : 株式会社 沖拓建設
住所 : 沖縄県浦添市前田1-9-3 [地図]
TEL : 0120-303-069

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-303-069

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

足立信一(あだちしんいち)

株式会社 沖拓建設

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家族が仲良く暮らせる二世帯住宅の基礎知識~メリット・デメリット~

二世帯住宅には多くのメリットがありますが大きくは「生活面」そして、「経済面」に分けることができます。そして...

[ 二世帯住宅で快適生活をおくる ]

注文住宅を建てるときの流れ!引渡し・入居とその後

新しい住まいでの暮らしが始まる時、誰もがわくわくすることでしょう。しかし、「引渡し」の際、きちんと確認すべ...

[ 一戸建を建てるときに知っておくべきこと ]

注文住宅を建てるときの流れ!住宅ローンの上手な組み方!

土地を購入し家を建てる際、住宅ローンはどうすればいいのでしょう。融資の種類や金利タイプなどについて紹介しま...

[ 一戸建を建てるときに知っておくべきこと ]

注文住宅を建てるときの流れ!土地の購入と契約をしよう!

土地を購入するには「契約」を結ぶわけですが、その前に「重要事項説明」を受けます。今回はこの「重要事項説明」...

[ 一戸建を建てるときに知っておくべきこと ]

注文住宅を建てるときの流れ!住みたいエリアで土地を探そう!

土地探しは難しいものですが、土地を探す際、ぜひ考えて頂きたいポイントをお話ししたいとおもいます。 土地探...

[ 一戸建を建てるときに知っておくべきこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ