プロTOP:八幡昇プロのご紹介

昔ながらの製法で沖縄の文化を守り続ける赤瓦職人(1/3)

八幡昇 はちまんのぼる

世界で唯一!昔ながらの製法「たたら作り」の技術を継承

 赤瓦といえば、沖縄を象徴する風景。かつてはお金持ちの象徴として、首里を中心に赤瓦葺きの平屋が見られたといいます。
 「昔、庶民の夢は“赤瓦の家に住むこと”と言われていたほど、赤瓦はステータスだったんです。」と話すのは、赤瓦の一大産地・与那原町で「八幡瓦工場」を営む八幡昇さんです。

 「与那原には全盛期、約15軒の瓦工場がありました。今は4~5軒になってしまいましたが、うちは現存する中で一番古い工場なんです。」
 八幡瓦工場の一番の特徴は、現代の住宅にあった赤瓦の生産はもちろんのこと、沖縄で唯一、いや日本や世界でもおそらく唯一という、昔ながらの製法「たたら作り」で赤瓦を製造している点です。

 「時代のニーズにあったものを作るだけでなく、文化財などの昔の建物には、昔ながらの材料と作り方で作るべきだと思うんです。過去には、北谷町役場の新庁舎、歴史的建造物では、首里にある玉陵の番所も手がけました。」
 玉城で生まれ、与那原で育った八幡さん。お母様方のおじいさんが瓦職人で、小さい頃から赤瓦が身の回りにあったそうです。「子供の頃は瓦や土が遊び道具でした。おもちゃなんかないですからね。粘土で色々作ったりしていました。」

 本土復帰から数年後、八幡さんは仕事をしていた本土から沖縄に戻り、現在の工場を引き継ぎます。ですが、赤瓦製造を行うに当たり、当時は大変なご苦労があったのだそうです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 赤瓦を屋根に葺くと最大で4度も涼しくなるというデータ

八幡昇プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

沖縄の赤瓦文化を守るべく、現代の住宅から文化財までこなす技術

会社名 : 有限会社 八幡瓦工場
住所 : 沖縄県与那原町字上与那原291番地1 [地図]
TEL : 098-945-2301

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

098-945-2301

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

八幡昇(はちまんのぼる)

有限会社 八幡瓦工場

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ