コラム一覧

1件~15件(52件)

過去の15件

お墓の引っ越し(改葬)が増えている理由と背景

イメージ

核家族化が進み、田舎にあるお墓の管理が困難という人が増えています。遠方のため時間的にも経済的にも負担が大きくなり、お墓参りの頻度が減っています。高齢になり移動が苦になるなど、お参りするのも不便になってきます。こうした理由からお墓の改葬が増えています。お墓が近くなれば、... 続きを読む

お墓の引っ越し・改葬

2017-07-25

改葬とはお墓の引っ越し。手順と流れについて

イメージ

近年注目を集めている「改葬」とは、今ある墓地の遺骨を違うところへ引越しさせることです。改葬する理由は主に、田舎のお墓が遠くお墓参りに不便ということと、お墓を引き継ぐ継承者がいないということです。実際の改葬の流れは、既存のお墓から遺骨を取り出し新しいお墓に埋葬し直します... 続きを読む

お墓の引っ越し・改葬

2017-07-22

墓石の品質の見極め方。高ければ良いはウソ!?

イメージ

多くの人にとって墓石を選ぶということは初めての経験です。どのような判断基準で探せばよいのか、ということさえわからない方が大半でしょう。国産の値段が高いものを買えば高品質だろうと思いがちですが、国産が高いのは埋蔵量やコストの部分に理由があります。高いからといって、それが... 続きを読む

墓石を選ぶ

2017-07-20

粗悪、低品質は本当か?中国産墓石の特徴

イメージ

墓石を建てようと考え、石材店を巡って検討していくと選択肢の中に中国産の石材が入ってくることでしょう。実際、日本の墓石の8割近くが中国産を占めています。国産の墓石よりも格段に安く品質の良いものもあります。中国産の石材が安いのは、品質の問題ではなく、加工にかかる諸費用が日本... 続きを読む

墓石を選ぶ

2017-07-18

墓石の価格に影響を与える5つの要素

イメージ

お墓を建てるには、墓石本体のほかにも文字彫りや外柵・カロート、付属品や施工にかかわる費用が必要です。この中でメインとなるのが墓石本体です。そして墓石本体にかかる費用は、石材費と加工費です。石材の価格は、安いものから高価なものまでとても幅があります。価格を左右す... 続きを読む

墓石を選ぶ

2017-07-16

日本に出まわる輸入墓石、産地ごとの特徴は?

イメージ

現在、日本に流通している墓石の大半が輸入石材です。輸入石材と国産石材の違いは、価格と使用されてきた実績です。値段の高さと質は必ずしも一致しません。価格は採掘や加工のコストが反映されています。輸入石材は日本で使われるようになった歴史は浅く、実績という面からは国産に及びま... 続きを読む

墓石を選ぶ

2017-07-14

石材店の選び方のポイント

イメージ

よきパートナーとなってくれる石材店を見付けることが、納得のいくお墓づくりには欠かせない条件です。石材店は単に墓石を建ててもらうだけのものではありません。お墓を代々受け継いでいくためのメンテナンスや法要のことでなど、建立後も折にふれて相談に乗ってもらうことがでてきます。... 続きを読む

墓石を選ぶ

2017-07-12

個人墓と霊園の違い、メリットデメリット

イメージ

沖縄では、山奥の私有地や村の小さな墓地にお墓を建てるということが一般的でした。しかし、近年では施設が整った霊園も造成されてきています。交通アクセスもよく管理の行き届いている霊園も選択肢として考えてみてはいかがでしょう。それぞれの違いは、自分のものになるかどう... 続きを読む

墓地を選ぶ

2017-07-09

お墓選びで霊園見学するメリットとチェックすべきポイント 

イメージ

ある程度、墓地の絞り込みができたなら、実際に現地を見学に行きましょう。現地に赴かなければわからないことは必ずあります。事前に確認しておくべきチェックポイントをリストにして、気になった点は遠慮なく質問をするようにしましょう。有意義な霊園見学となるように、優先順位を決... 続きを読む

墓地を選ぶ

2017-07-07

墓地の種類と特徴、それぞれのメリットデメリット

イメージ

墓地の種類には公営墓地、民営墓地、寺院墓地がありそれぞれにメリットとデメリットがあります。各墓地の特徴を理解したうえで、自分の希望する条件に合う施設を選ぶようにしましょう。公営墓地は経営に信頼がおけて費用の安さが魅力です。しかし、申し込みに制限があり取得も困難です。... 続きを読む

墓地を選ぶ

2017-07-05

墓地の選び方と墓地を決めるまでの流れ

イメージ

お墓選びのポイントはいくつかありますが、最も優先すべきは立地です。お墓は建てて終わりではなく、お参りして供養するためのものです。自宅から遠すぎず交通の便がよいところを選びましょう。そのほかの条件も、お参りのしやすさという点で検討しましょう。新しくお墓を建てようと考... 続きを読む

墓地を選ぶ

2017-06-14

生前墓とは?生前に建てるメリットと注意点

イメージ

少子化が進み、子どもにお墓の管理を頼むことが難しくなってきています。子どもへの負担を軽減するために、生前からお墓を建てておく人が増えつつあります。生前墓は自分のためのお墓を建てたい場合に、石材の種類や墓石デザインなどについてじっくりとプランニングできるのが人気です。... 続きを読む

お墓を建てる

2017-06-12

お墓の施工の手順と流れ

イメージ

墓石や墓地が決まったならば、いよいよお墓の施工です。お墓の加工や形状、そして現場が旧墓地なのか、更地なのかによっても期間は異なりますが、一般的に契約日から60日くらいかかります。(ユンヂチ期間は、契約日から最大6か月)古墓を建て替えする場合は、解体工事後に基礎の状況... 続きを読む

お墓を建てる

2017-06-10

お墓を建てる時期に決まりは無し!生前もOK?

イメージ

お墓を建てる時期は、特に決まっているわけではありません。四十九日までに納骨したいという方は、短期間で焦って建てるとトラブルのもとです。遺骨は完成まで手元に置いていても問題はありません。お墓のことはできるだけ早いうちから考えておき、いざという時に慌てることのないよ... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-07

永代使用料とはお墓を借りる費用。相場は?

イメージ

永代使用とは、子孫が代々引き継いでその場所を墓地として使用できるということです。この権利を得るための対価が永代使用料です。墓地は所有権を買い取るわけではないので、第三者に譲ったり売ったりすることはできません。また、お墓を建てる以外の用途に使うことはできません。管理費... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-05

1件~15件(52件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
沖縄の石屋さん 天久石材店代表 知念正彦

質のいいお墓を格安で提供する石材屋さん(1/3)

知念正彦さんが経営する「沖縄の石屋さん 天久石材店」は、良質のお墓を格安価格で提供する会社です。「数件の見積もりをもらったお客様が、最後に当社に問い合わせをしてきて契約に至るケースが大半です」と知念さん。「お客様が価格の安さを知り、当社...

知念正彦プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

徹底した合理化により低コスト高品質なお墓を提供

会社名 : 天久石材店
住所 : 沖縄県那覇市天久2-14-3-208 [地図]
TEL : 0120-759-148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-759-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知念正彦(ちねんまさひこ)

天久石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

価格・内容・対応 期待以上で家族も大満足です。

墓地さがしを始め数ヶ月、ようやく良い土地を探しました。次...

H・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お墓の引っ越し(改葬)が増えている理由と背景
イメージ

核家族化が進み、田舎にあるお墓の管理が困難という人が増えています。遠方のため時間的にも経済的にも負担が...

[ お墓の引っ越し・改葬 ]

改葬とはお墓の引っ越し。手順と流れについて
イメージ

近年注目を集めている「改葬」とは、今ある墓地の遺骨を違うところへ引越しさせることです。改葬する理由は主...

[ お墓の引っ越し・改葬 ]

墓石の品質の見極め方。高ければ良いはウソ!?
イメージ

多くの人にとって墓石を選ぶということは初めての経験です。どのような判断基準で探せばよいのか、ということ...

[ 墓石を選ぶ ]

粗悪、低品質は本当か?中国産墓石の特徴
イメージ

墓石を建てようと考え、石材店を巡って検討していくと選択肢の中に中国産の石材が入ってくることでしょう。実...

[ 墓石を選ぶ ]

墓石の価格に影響を与える5つの要素
イメージ

お墓を建てるには、墓石本体のほかにも文字彫りや外柵・カロート、付属品や施工にかかわる費用が必要です。...

[ 墓石を選ぶ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ