コラム一覧

1件~15件(39件)

過去の15件

お墓を建てる時期に決まりは無し!生前もOK?

イメージ

お墓を建てる時期は、特に決まっているわけではありません。四十九日までに納骨したいという方は、短期間で焦って建てるとトラブルのもとです。遺骨は完成まで手元に置いていても問題はありません。お墓のことはできるだけ早いうちから考えておき、いざという時に慌てることのないよ... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-07

永代使用料とはお墓を借りる費用。相場は?

イメージ

永代使用とは、子孫が代々引き継いでその場所を墓地として使用できるということです。この権利を得るための対価が永代使用料です。墓地は所有権を買い取るわけではないので、第三者に譲ったり売ったりすることはできません。また、お墓を建てる以外の用途に使うことはできません。管理費... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-05

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用③

イメージ

近年、少子化や核家族が進む中で需要が高まっているのが永代供養墓です。永代供養墓は、継承者に代わって遺骨の管理や供養を墓地の管理者が永代にわたり行ってくれます。墓地が続く限り半永久的に供養してもらえるのがメリットです。それに対してデメリットは、合葬タイプでは遺骨... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-03

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用②

イメージ

お墓には墓地と墓石の両方に費用が発生します。まず墓地の取得に必要なのが、永代使用料と年間管理費です。永代使用料は墓地を半永久的に使用する権利を得るために支払うものです。年間管理料は墓地の維持・管理に使われる費用です。墓石にかかる費用とは、墓石をしっかりささえる基礎... 続きを読む

お墓を建てる

2017-04-01

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用①

イメージ

お墓を建てるときにかかる費用は、墓石代のほかに墓地の永代使用料や年間管理費が発生します。墓石代には基礎工事や設置費用と、付属品の費用が含まれています。長期的にはメンテナンスにもお金がかかります。お墓は寺院や霊園内に設置することになりますが、その区画にお墓を建てるに... 続きを読む

お墓を建てる

2017-03-30

お墓の工事費の内容にはどんな作業が含まれる?

イメージ

墓石にかかる費用に含まれるものが石材費と工事費です。お墓を建てる際の工事とは基礎工事、必要に応じて外柵設置工事、庭石張り工事があります。基礎工事は墓地の場所や墓地の区画サイズによっても価格が変わります。重機が入りにくい山間部の墓地や、道が狭く石材などを搬入しにくい場所で... 続きを読む

お墓を建てる

2017-03-28

安い費用でお墓を建てる時の着眼点

イメージ

お墓を建てたいと漠然としたイメージを持っている方が多いですが、いくつかのポイントをおさえれば安い費用で満足のいくものを建てることが可能となります。場所は管理型墓地以外も選択肢として考えます。次に墓石選びは日本産のものにこだわらず、安くても高品質な石を探しましょう。... 続きを読む

お墓を建てる

2017-03-18

知っておきたい、お墓を建てる基本と大まかな手順

イメージ

お墓を建てるためにはいくつかの手順を踏まなくてはなりません。まずは場所の選定に始まり、石材店選びです。墓地や霊園を選ぶ際には宗教や宗派にこだわる場合、また墓地などがそういった指定をしている場合は検討する必要があります。そのほかの要素でいうと、アクセスの良さや予算が決め手... 続きを読む

お墓を建てる

2017-03-15

いいお墓ってどんなお墓?お墓の本質を考える

イメージ

お墓を建てる意味とは何でしょうか。単に遺骨を納めるだけのものならば、これほどさまざまなお墓が作られるはずはありません。お墓は亡くなった人を供養する場所であり、同時に残された人の心のよりどころでもあります。そう考えれば、高価なお金をかけたお墓だけが良いお墓とは限らない... 続きを読む

お墓を建てる

2017-03-13

沖縄のお墓や仏壇に関する年中行事。

イメージ

沖縄は、ご先祖さまを敬愛する文化です。それゆえ、ご先祖様にまつわる行事が年間を通してあります。ここで主な行事を紹介しましょう。 沖縄のご先祖さまにまつわる代表的な行事を紹介します 旧暦(太陽暦)では1年354日。◆1月1日(旧暦)はお正月として、若水をくみお茶湯をお仏壇にお... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-29

沖縄に多い家型の「屋形墓」。歴史と特徴

イメージ

沖縄のお墓の種類の1つ屋形墓は、王族が建てた破風型を真似たものがその始まりです。屋根が低いものが多く、全体的な構造はお骨を納める基室と入り口付近のお参りする場所の装飾、外柵でできています。 沖縄の平地によく見られる屋形墓の始まりは破風墓だった 沖縄の丘陵地や住宅地などの... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-27

沖縄の伝統的な三角屋根の「破風墓」。歴史と特徴。

イメージ

破風墓は、現在最も人気があるお墓の型です。屋根の形が三角形をしており、琉球王族が建てたものがその始まりと言われています。以前建てられたコンクリート製の破風墓の劣化が進んでおり、建て替えは、コストがほぼ変わらない、メンテナンスのしやすい石製の破風墓が多く建てられるようにな... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-25

沖縄特有の大きなお墓。「亀甲墓」の歴史と特徴。

イメージ

沖縄の古いお墓の一つ、亀甲墓は17世紀後半より建てられ始めました。傾斜地や丘を掘り込み、石を積み上げて造ったお墓の屋根部分が、亀の甲羅に似ていることからこの名前がついています。内部は、お骨や遺体を置く基室とよばれるスペースがあり入り口付近には装飾があり、入口前は親族が集う... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-23

塩害を受けている沖縄のお墓。墓石に使うならどの石材?

イメージ

沖縄のお墓はコンクリート製が多く、高温多湿の気候と雨水に多く含まれる塩分、コンクリートに混ぜた海砂に含まれた塩分によるダメージを受けて劣化が進んでいます。これからのお墓は、吸水率が低く耐久性が高い石製のお墓への建て替えがおすすめです。中でも御影石は、墓石に向いた石材とし... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-21

沖縄の古いコンクリート墓は、建て替え?

イメージ

沖縄に多い大きなお墓は、コンクリート製のものが多く、建ててから年月がたてば、ひび割れなどの劣化が進んで建て替えが必要になります。建て替え需要が増加している現在、建て替えが成功するかどうかは、良い業者に巡り会えるかどうかで決まります。複数の業者に建て替えの相談をして、お墓... 続きを読む

沖縄のお墓の特徴と選び方

2015-12-19

1件~15件(39件)

過去の15件

RSS
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
沖縄の石屋さん 天久石材店代表 知念正彦

質のいいお墓を格安で提供する石材屋さん(1/3)

知念正彦さんが経営する「沖縄の石屋さん 天久石材店」は、良質のお墓を格安価格で提供する会社です。「数件の見積もりをもらったお客様が、最後に当社に問い合わせをしてきて契約に至るケースが大半です」と知念さん。「お客様が価格の安さを知り、当社...

知念正彦プロに相談してみよう!

琉球放送 マイベストプロ

徹底した合理化により低コスト高品質なお墓を提供

会社名 : 天久石材店
住所 : 沖縄県那覇市天久2-14-3-208 [地図]
TEL : 0120-759-148

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-759-148

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

知念正彦(ちねんまさひこ)

天久石材店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

価格・内容・対応 期待以上で家族も大満足です。

墓地さがしを始め数ヶ月、ようやく良い土地を探しました。次...

H・M
  • 60代以上/男性 
  • 参考になった数(16

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
お墓を建てる時期に決まりは無し!生前もOK?
イメージ

お墓を建てる時期は、特に決まっているわけではありません。四十九日までに納骨したいという方は、短期間...

[ お墓を建てる ]

永代使用料とはお墓を借りる費用。相場は?
イメージ

永代使用とは、子孫が代々引き継いでその場所を墓地として使用できるということです。この権利を得るための...

[ お墓を建てる ]

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用③
イメージ

近年、少子化や核家族が進む中で需要が高まっているのが永代供養墓です。永代供養墓は、継承者に代わって...

[ お墓を建てる ]

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用②
イメージ

お墓には墓地と墓石の両方に費用が発生します。まず墓地の取得に必要なのが、永代使用料と年間管理費です...

[ お墓を建てる ]

寺院や管理型霊園にかかるお墓全体の費用①
イメージ

お墓を建てるときにかかる費用は、墓石代のほかに墓地の永代使用料や年間管理費が発生します。墓石代には...

[ お墓を建てる ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ